知りたくなかった

知りたくなかった シリーズ

知りたくなかった

知りたくなかった

作品概要

とある女子校生がパパ活のおじさんに快楽調教されてしまい、最終的に快楽堕ちしてしまうお話。

 

シリーズ1作目である今作では、主人公の女子校生・早川蛍がいつも援助してもらっている「パパ」にそれまでの金額より遥かに多額の報酬を提示され、性的な行為を了承。

が、「パパ」は蛍を首輪等で拘束して快楽責め調教してくる…といったシーンが描かれます。

 

作品情報

作品名  :知りたくなかった
サークル名:林檎のなる木
作品形式 :同人モノクロコミック
ボリューム:34P
ジャンル :美少女 女子校生 貧乳 セーラー服 痴女 売春・援交 調教 拘束 着衣 潮吹き お漏らし S向け
サイズ  :-

サンプル画像

知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった

知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった 知りたくなかった

DLsiteキャンペーン今ならDLsite新規登録で300円OFFクーポンがもらえます。

 

知りたくなかった-後編-

知りたくなかった-後編-

作品概要

このお話でシリーズ完結となります。

 

2話はパパの責めの虜になってしまった蛍が、自分から進んで「パパ」に会いたいと連絡。

それでも「パパ」はすぐにはチンポを挿入してくれず…といったお話。

 

作品情報

作品名  :知りたくなかった-後編-
サークル名:林檎のなる木
作品形式 :同人モノクロコミック
ボリューム:52P
ジャンル :美少女 女子校生 中出し 貧乳 セーラー服 痴女 売春・援交 調教 拘束 着衣 潮吹き S向け
サイズ  :-

サンプル画像

知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編-

知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編- 知りたくなかった-後編-

DLsiteキャンペーン今ならDLsite新規登録で300円OFFクーポンがもらえます。

 

レビュー・評価

ビジュアル
19
シナリオ
17
キャラ
18
ボリューム
17
演出
18
総合得点 89/100評価基準について

 

評価点はシリーズ通しての評価点です。

今作は、パパ活をしている女子校生がパパの快楽責め調教でイキまくり快楽堕ちしてしまう話。

 

作品の特徴

登場人物(ヒロイン)
  • 早川 蛍:家が貧しいため、大学進学のための学費をパパ活で稼いでいる女子校生。特定の彼氏は居ないため同級生の男子を相手にしているが、テクがなく欲求不満
  • パパ:今作の竿役。蛍を援助しているイケオジ。かなりお金持ち。いつも食事だけを付き合わせて報酬を払っている。紳士的な態度だが実はかなりのS。メガネ装備

 

あらすじ

とある日、いつものようにパパと食事を楽しんでいた蛍。

すると、彼は分厚い封筒を蛍に渡してくる。今までは性的なことは無かったが封筒の厚さからソレを求められていることを悟る蛍。

 

金額に釣られOKをし早速ホテルの部屋へと行くと、パパは首輪を取り出して蛍に着けるよう求める。

首輪を着けられ手首も拘束された彼女の体を撫で回すパパ。その責めにイキそうになる蛍だが、その瞬間彼は手を止める…。

 

パパによる快楽調教

今作はパパ活相手のおじさんに、徹底的に焦らされイカされて身も心も快楽堕ちしてしまう女子校生のお話。

 

蛍は同級生の男子を相手にして性欲を発散していましたが、その彼ら同年代の男はテクも持久力も無く欲求不満。

が、パパは彼女の気持ちいいところを的確に責めて来て蛍の頭がおかしくなるほど徹底的に焦らしイかせるプレイをしてきます。

 

補足しておきますと蛍は誰構わずパパ活しているわけではなく、今作のイケオジ相手だけです。

食事だけのお付き合いでもそれなりの金額を援助してくれ、さらに身なりもこざっぱりしたイケメン。

 

暴力はなしの責め

今作で描かれるパパの責めは、あくまで拘束しての快楽調教。パパが暴力を振るったりすることは一切ありません

(一部プレイとして首絞めとイラマ程度はあります)

 

メインは首輪、手足の拘束をしてのパパの指や、電マやローター、バイブを使った責め。

後半になると電マを股間に固定した上でさらにもう1コの電マをお腹(子宮のあたり)に当てての二点責め、なんてのもあります。

 

言葉遣いも紳士的。

ただし、こちらもプレイとしてときに冷たく蛍に命令することがあります。

 

自分から連絡して会いに来る

1話ですっかりおじさんに調教されてしまった蛍。

次に会うのは二週間後、と言われていたけどあの快感が忘れられず一週間でパパに連絡して会いに行くのが後半である2話。

 

指定されたホテルの部屋に向かうと、お菓子を用意してくれて紳士的に出迎えてくれるパパ。

が、一息つくと二週間の約束なのに一週間で連絡してきた蛍にお仕置きをすると言い出して…。

 

挿入シーンは2の最後

いわゆるチンポを挿入するのは2話の最後だけです。1話には挿入シーンはありません

オチンポ挿れて欲しい…といった蛍の心を見透かしているのか、パパはおあずけをします。

 

2話の最後に挿入シーンなので、それまではおじさんの手、あとはオモチャ責めがメイン。

 

ヒロイン視点のお話

作中の状況描写は全てヒロイン視点で描かれます。

モノローグ(心の声)もヒロインのみ。

 

パパがどんなことを考えているのかはヒロイン・読者共にわかりません。

 

その他の特徴

性器修正は白塗り(1話)と白線(2話)です。

 

作品全体のHプレイ:

キス、ベロチューキス、フェラ、イラマ、口内射精、各種オモチャ(電マ、ローター、バイブ)、首輪、手足拘束、各種体位

セックスは中出しのみ。アナルセックスはありません。

 

良かった点

絵が滅茶苦茶上手い

めっちゃ上手いです。サンプル画像を見て貰えればわかると通り。

作者さんは商業作品も出されているようなのでプロの方。そりゃ上手いハズ。

人物の線(表情、体のライン)、オモチャ等の小物、ホテルや学校の背景、どれも大変上手いと思います。

 

エロ同人なのでヒロインの描き方が上手いのは当然ながら、背景が非常に上手い。

細部まで丁寧に描かれおり臨場感があります。ホテルの部屋とかベッドのシーツとか。

背景が丁寧ですが、人物が目立つように描かれいるのも良かった。

 

お話が面白い

パパ活おじさんが女子校生を”わからせ”してしまうお話ですが、ただ単にチンポで快楽堕ちさせるのでは無いのが良い。

同級生の男子とのHしか知らない”世間知らず”なヒロインを、そのテクで焦らし、イかせまくって性欲を発散するイケオジってのが面白い。

 

そして何回か首輪をハメられるシーンがあるのですが、その首輪をハメられるのをきっかけにヒロインの心にスイッチが入る演出も良いです。

 

蛍がイキまくる

何度と無く絶頂に追い込まれる蛍。

焦らしに焦らされまくった後は、今度は絶頂地獄。

潮吹きはもちろん、オシッコお漏らしまでしてしまう彼女の痴態が描かれます。

 

また、2話のサンプル画像にある通り彼女からオマンコをおねだりしているのも良かった。

完全に堕ちた感が大変良く演出できていると思います。

 

紳士的に責める

イケオジは暴力を振るいません。

冷たく命令することはあっても、あくまで責めは紳士的。

読んでいて不快感は無いです。次はどんなプレイが出てくるのか楽しみになります。

 

エピローグがある

ヤッて終わりではありません。

ちゃんとエピローグで蛍とパパがどんな関係になるのかが語られます。

ネタバレになるので詳細は伏せます。

 

全部着衣H

蛍はセーラー服を着た女子校生。

このセーラー服をHのとき脱ぎません。一番脱いでも半裸。

着衣フェチとしてこれが良かった…。

 

残念だった点

パパと出会った経緯とかあるとなお良かった

どうやってパパと出会ったのか、食事だけでお金を援助してくれていた理由、性的な快楽調教を求めてきた理由、など。

物語が始まる前のバックグラウンドとなる部分がほんの少しでもあると、物語に深みが出るかな、と思いました。

 

もしそれらがあったら、シナリオ、演出にポイントをプラスして90点代でも良かったと思います。

 

総評

ちょっと小生意気な女子校生が、お金に釣られて性的なプレイもすることになったら実は拘束調教だった…というお話。

ヒロイン・蛍が「知りたくなかった」と思うほど、オトナの快楽責めを仕込まれていきます。

 

二周りくらい歳の離れたイケオジにJKが責められてまくるのが大変背徳的でエロい。

絵よし、シナリオ良し、キャラ良し、エロ良し、の名作だと思います。

ちょっとでも心にSっ気があるなら大変オススメの作品。

 

同人コミック作品の点数別一覧はコチラ

 

DLsiteキャンペーン今ならDLsite新規登録で300円OFFクーポンがもらえます。

注目同人コミック
DLsite
DLsiteキャンペーン 今ならDLsiteに新規登録すると300円OFFクーポンがもらえます。

シスター×ゴブリン

人身供犠!!ビッチちゃん

放課後化学クラブ

童貞処女卒業式

格闘レイプ ―最強少女跳花が犯された日

男性教師適性検査

女幽霊に堕とされる

強制絶頂チェア膨乳アクメコースで余裕ぶってる女の子がぐちゃぐちゃになる話

おすすめの記事